医療DX推進体制整備加算について

     

当院は患者さんに関わる情報を十分に活用し、最善の診療を実施する体制を整えています。

そのため、オンライン資格確認等システム導入について、厚生労働大臣の定める施設基準に適合し、「医療情報取得加算」及び「医療DX推進体制整備加算」を届け出しています。

 

「医療情報取得加算」とは、オンライン資格確認等システムを導入していることを前提に、薬剤情報や特定検診情報、その他必要な情報の取得・活用にかかる評価を目的に算定されるもので、「医療DX推進体制整備加算」とは、そこから更に、電子処方箋や及び電子カルテ情報共有サービスを導入し、質の高い医療を提供するため、医療DXに対応する体制を確保している場合の評価目的に算定されるものです。

      

当院で取り組んでいること

①オンライン請求

②オンライン資格確認システムにより取得した医療情報などを活用して診察室で閲覧または活用できる体制

③マイナ保険証利用を促進するなど、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるように取組

④電子処方箋の発行 (今後導入予定)

⑤電子カルテ情報共有サービスの取組 (今後導入予定)

 

当院では医療DXの推進に伴い、2024年6月1日より医療DX推進体制整備加算(初診時に月1回 8点)がかかります。

 

○医療DX推進体制整備加算 ポスター(医科) – 名取中央クリニック