診療内容

内科

 高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、不眠症、気管支喘息、花粉症、骨粗鬆症、脱毛症(AGA)など、内科一般を幅広く診療  

 します。

 スギ花粉症の舌下免疫療法(シダトレン)も行っています。

 

消化器内科

 胃、大腸、食道、膵臓、胆嚢疾患の早期発見のために内視鏡検査、エコー検査を行います。

 ヘリコバクターピロリ菌の除菌治療も行っています(胃酸を抑える薬と抗生剤、計3種類を1週間内服します)。

 ヘリコバクターピロリ菌による胃炎も保険適応になりました(ただし、内視鏡検査で悪性の病気がないか、確認が       

 必要です)

 潰瘍性大腸炎、クローン病の診断および治療が可能です。 

 会社がお休みの土曜日に内視鏡検査(胃および大腸とも)を受けることができます。

 内視鏡検査(胃)は午前8時30分頃より開始しています。

 内視鏡は経鼻法、経口法の両者が可能です。 

 経口法で辛い思いをした方は経鼻、または鎮静剤を使用した検査が可能です。

 内視鏡検査(大腸)は昼より行っております。10mm以下の大腸ポリープを対象に外来で切除しています。

 

肝臓内科

  B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、肝硬変の診断、治療が可能です。

  インターフェロン、核酸アナログ製剤の投与も可能です。

  *2014年3月より、C型慢性肝炎(ジェノタイプ1)に対し、プロテアーゼ阻害剤(ソブリアード)、ペグインターフェロン、  

  リバビリンの3剤併用療法を開始しました。80%程度のウィルス消失が報告されています。

  *2014年9月より、C型慢性肝炎、肝硬変(ジェノタイプ1)に対し、経口2剤療法(ダクルインザとスンベプラ)を開始しま

  した。インターフェロンを使用しない内服のみによる治療です。

  *2015年7月より、C型慢性肝炎、肝硬変(ジェノタイプ2)に対し、経口2剤療法(ソバルディとリバビリン)を開始しまし 

  た。インターフェロンを使用しない内服のみによる治療です。96.4%と高率のウィルス消失が報告されています。

  *2015年よりハーボニー、2016年よりエレルサ・グラジナによる治療も開始しています。
   貧血などでインターフェロン治療が困難な方、インターフェロン治療を受けたが副作用により治療を中止した方、

 インターフェロン治療が無効であった方、高齢者が対象になります。

 仕事などで平日に治療を受けられない方は、土曜日にも治療が可能です。

 患者さんが毎月支払う金額(自己負担額)を軽減(世帯所得に応じて1万円または2万円)するため、国の医療費助    

 成制度を利用することができます。

 治療方針の相談も可能です。 

 

小児科

 発熱、腹痛、かぜ、腸炎、喘息、予防接種、健診などの診療を行います。

 予防接種は同時接種も行っています。

 予防接種時に乳児健診も可能です。

 

禁煙外来

 ニコチン依存症治療認定医療機関です。当院の禁煙指導および治療は保険適応です。

 初診を含め、計5回の診察があります。3ヶ月間で禁煙を目指します。

 

睡眠時無呼吸症候群

 当院では簡易の睡眠時無呼吸症候群の検査が可能です。

 

在宅医療

 かかりつけの方を中心に往診をしています。どうぞ御相談下さい。